高浜虚子 子孫

高浜虚子(俳人)家族・子供


父:池内政忠(松山藩士)
妻:高浜いと(1897年 - 1959年)

子供は2男6女
長男:高浜年尾(旭シルクに勤務。旭シルクを退社し以後俳句に専念、関西の俳壇の中心として活躍)
次女:星野立子(俳人。初の女性主宰誌「玉藻」を創刊・主宰した)
次男:池内友次郎(作曲家・音楽教育家・俳人)
五女:高木晴子(俳人。句集に『晴子句集』『春居』『続春居』、著書に『遙かなる父、虚子』がある)
六女:上野章子


■愛媛県温泉郡長町新町(現・松山市湊町)に旧松山藩士・池内政忠の五男として生まれた

■9歳の時に祖母の実家、高濱家を継ぐ


高浜虚子(たかはま・きょし)略歴
【1874年~1959年】明治・昭和期の俳人・小説家。本名は高浜清(たかはま・きよし)。ホトトギスの理念となる「客観写生」「花鳥諷詠」を提唱したことで知られる。愛媛県温泉郡長町新町(現・松山市湊町)で生まれる
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる