佐々木八十八 子孫

佐々木八十八(レナウン創業者)家族・子供


父:京都市下京区で、べっ甲商「泉谷屋」を営んだ
妻:倆子(りょうこ)

子供は3男3女
長男:隆一
次女:智恵子(のち三浦義次の妻)
三女:坂野惇子(子供服のファミリアを創業)
義息子:坂野通夫(惇子の夫。大阪商船勤務などを経て、ファミリア2代目社長)

孫:光子(惇子と通夫の一人娘)
義孫:岡崎晴彦(光子の夫。ファミリア3代目社長。神戸の岡崎財閥の御曹司)
曾孫:岡崎忠彦(光子、晴彦の息子。2011年からファミリア社長)


■八十八(やそはち)は1874年(明治7年)5月2日、京都市下京区のべっ甲商「泉谷屋」に生まれた

■誕生した日が八十八夜だったので八十八(やそはち)と名付けられた

■子供の頃より貿易に従事することを志し、1890年に舶来雑貨商、大由(だいよし)商社の住み込み店員となる

■1902年(明治35年)4月、大阪にて舶来雑貨商として個人商店の「佐々木八十八営業部(後のレナウン)」を設立した

■神戸の魚崎と軽井沢に別荘を建てた。魚崎の別荘は西洋館つきで、門の横には夜警小屋がある豪華な造りであった。この別荘で三女・惇子(子供服のファミリアを創業)がうまれている


関連サイト
佐々木八十八語録
http://meigennooukoku.net/blog-entry-4142.html
坂野惇子(ファミリア創業者)家系図
http://nihonnokakeizu.net/blog-entry-2768.html


佐々木八十八(ささき・やそはち)略歴
【1874年~1957年】日本の実業家、政治家。佐々木営業部(現・レナウン)の創業者で、貴族院多額納税者議員を歴任した
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる