鳥居正一郎 家族

鳥居正一郎(阪急百貨店3代社長)家系・妻・子供


姉:天津乙女(大正・昭和期の日本舞踊家、宝塚スター、宝塚歌劇団理事)


■鳥居正一郎は阪急百貨店の課長時代に、初代社長の清水雅(しみず・まさし)に神戸で誕生したばかりの、子供服のファミリアのテナント誘致を命ぜられる

■鳥居は、ファミリアの創業者の一人、坂野惇子(ばんの ・あつこ)の夫・通夫が大学の後輩であったこともあり、ファミリアのテナント誘致に成功

■このことが、ファミリア発展の礎となった


鳥居正一郎(とりい・しょういちろう)略歴・経歴(プロフィール)
日本の経営者。阪急百貨店3代目社長。昭和11年、京都帝国大学経済学部卒業。小林一三の勧めで、阪急電鉄に入社。戦後、阪急百貨店が阪急電鉄から独立した時に、阪急百貨店に移り、昭和56年に阪急百貨店3代目社長に就任
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる