中垣内祐一 家族

中垣内祐一(バレーボール)家系・夫人・子供


妻:一般人女性
子供:長女、次女


■筑波大学での同級生に井原正巳、中山雅史、金子寛治らがいる

■最高到達点は346cmで、全盛期のジャンプ力は1m以上あったといわれている

■2016年、バレーボール男子日本代表の監督


中垣内祐一(なかがいち・ゆういち)略歴
バレーボール全日本男子監督。元バレーボール選手(元全日本主将)。身長194cm。1967年11月2日生まれ。福井県福井市出身。筑波大学卒業。新日鐵入部。1992年バルセロナ五輪等、数々の国際大会に出場し、1994年には全日本の主将を務めた。堺ブレイザーズ監督に就任。2005-2006年シーズン、Vリーグ優勝。2016年、バレーボール男子日本代表の監督。著書:「スポーツの知と技 - トップ・アスリートへの軌跡(1998年共著)」「中垣内祐一のファンダメンタルバレーボール(2004年)」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる