入江相政 子孫

入江相政(昭和天皇侍従長)家族・子供


祖父:冷泉為理(冷泉家の当主で東宮侍従長や皇太后宮大夫を務めた)
父:入江為守子爵(貴族院議員)
母:信子(柳原前光伯爵の長女で、柳原白蓮の異母姉、大正天皇の生母・柳原愛子の姪)
兄:入江為常(貴族院議員。子爵)

妻:入江君子

長女:令子
長男:為年


■生家は歌道冷泉派の宗家・冷泉家の流れを汲む「歌の家」

■冷泉家・入江家の通字は家祖・冷泉為相の名から取った「為」だが、入江家では同じく「相」の字も通字として用いられたため、相政と名付けられた


入江相政(いりえ・すけまさ)略歴
【1905年~1985年】日本の歌人・随筆家。昭和天皇の侍従・侍従長を長く務めた。1905年6月29日、 現・東京都港区西麻布で生まれる。東京帝国大学文学部を卒業して学習院の講師となる。学習院の教授に就任。宮内省侍従職侍従となる。侍従次長を経て、侍従長に就任。1990年、『入江相政日記』が公刊される
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる