岩倉具視 子孫

岩倉具視(公家、政治家)家系・家族・子孫


父親:堀河康親(江戸時代後期の公卿)
養父:岩倉具慶(江戸時代後期の公卿、明治時代の政府高官)


・岩倉誠子
・野口槇子

子供
次男:岩倉具定(第4代宮内大臣、貴族院議員)
三男:岩倉具経
四男:岩倉道倶
娘:戸田極子(「鹿鳴館の華」と呼ばれるほどの美貌だった)
娘婿:森有礼(初代文部大臣、一橋大学を創設)

孫:有馬頼寧(農林大臣。日本中央競馬会第2代理事長。プロ野球オーナー)
ひ孫:有馬頼義(作家。直木賞受賞)

玄孫:加山雄三(俳優)
玄孫:岩倉具房(銀行を経て、化粧品会社社長。岩倉家初のサラリーマンで銀行員時代の綽名は一円玉)


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
岩倉具視語録http://bit.ly/XbJ2tR


岩倉具視(いわくら・ともみ)略歴
【文政8年(1825年)~明治16年(1883年)】日本の公家、政治家。維新の十傑の1人。公卿・堀河康親の次男として京都に生誕した。政治的剛腕を発揮して、幕末から明治はじめにかけて、日本のカタチづくりに尽力。幕末のおもな働きとしては、公武合体による朝廷権力の復活を狙った和宮降嫁の推進。奇策・大政奉還でなおも政権掌握を狙った徳川慶喜を完全に失脚させたクーデター「王政復古」での宮中工作などがある
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる