柳生宗矩 子孫

柳生宗矩(江戸時代の剣豪)家族・子供



父:柳生宗厳(石舟斎)。柳生庄の領主で上泉信綱から新陰流の印可状を伝えられた剣術家でもある
母:奥原助豊の娘・奥原鍋(春桃御前)


正室:松下之綱の娘・おりん
側室:おふじ、おゆり


子供は4男2女
長男:三厳(江戸時代前期の武士、剣豪、旗本)
次男:友矩(江戸時代前期の将軍の近臣、旗本)
三男:宗冬(大和国柳生藩第3代藩主。江戸幕府の第4代将軍徳川家綱の剣術の兵法師範を務めた)
四男:列堂義仙(江戸時代の臨済宗の僧)
娘:武藤安信室
ほか


柳生宗矩(やぎゅう・むねのり)経歴(プロフィール)
【1571年~1646年】江戸時代初期の武将、大名、剣術家。徳川将軍家の兵法指南役。大和柳生藩初代藩主。剣術の面では将軍家御流儀としての柳生新陰流(江戸柳生)の地位を確立した
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる