木村安兵衛 子孫

木村安兵衛(木村屋創業者)家族・子供



父:長岡又兵衛
妻:ぶん(川原代村(現・茨城県龍ケ崎市)の士族、木村安衛門の長女)

次男:英三郎(木村安兵衛と「あんぱん」を考案し、明治天皇に献上する)


■常陸国河内郡田宮(たくう)村(現・茨城県牛久市)に生まれ、木村家の養子となった

■1875年(明治8年)4月4日、花見のため向島の水戸藩下屋敷へ行幸した明治天皇に山岡鉄舟が献上し、木村屋の「あんぱん」は宮内省御用達となった

■以降、4月4日が「あんぱんの日」となっている



木村安兵衛(きむら・やすべえ)略歴
【1817年~1889年】日本の武士、実業家。株式会社木村屋總本店(通称・木村屋)の創業者。常陸国河内郡田宮(たくう)村(茨城県牛久市)に生まれる。長崎でオランダ人宅のコックを務めた梅吉と出会い、明治2年(1869年)、東京の芝区日陰(港区新橋駅付近)に、木村屋の前身となる文英堂を創業。京橋区尾張町(中央区銀座)に移り、屋号を木村屋に改めた
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる