石原信雄 家族

石原信雄(内閣官房副長官)家系・夫人・子供


長男:石原一彦(財務官僚、内閣府審議官を歴任)


■東京大学法学部卒業後、地方自治庁(現総務省)入庁

■1984年、事務次官。1987年~1995年まで内閣官房副長官(竹下、宇野、海部、宮澤、細川、羽田、村山の各内閣)を務めた

■公益社団法人日本広報協会会長、一般財団法人地方自治研究機構会長


石原信雄(いしはら・のぶお)略歴
日本の官僚。内閣官房副長官(在任 1987年 - 1995年)を歴任。勲一等。1926年11月24日、群馬県に生まれる。東京大学法学部卒業後、地方自治庁(現総務省)入庁。著書:『官邸2688日―政策決定の舞台裏』『首相官邸の決断―内閣官房副長官 石原信雄の2600日』『官かくあるべし―7人の首相に仕えて』『権限の大移動―官僚から政治家へ、中央から地方へ』『市町村合併成功の秘訣―地方分権の更なる前進のために』など
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる