梶山静六 家族

梶山静六(衆議院議員)家系・子供


父:農家、石材業
母:10人の子供を女手一つで育てた

妻:春江

長男:梶山弘志(衆議院議員。現動力炉・核燃料開発事業団に勤務した)


■1926年3月27日、農家の六男として生まれる。他に姉4人

■梶山の長兄は太平洋戦争で戦死。長兄の「名誉の戦死」の報が伝えられた時、母は地元の人々とともに万歳三唱。梶山は母の行動を不可思議に感じたが、その後自宅土蔵の陰で号泣する母の姿を見つけ、母の心情を理解する。このような悲劇が二度と起こらぬようにと政治家を志したという


梶山静六(かじやま・せいろく)略歴
【1926年~2000年】日本の政治家。衆議院議員(9期)、自治大臣(第36代)、国家公安委員会委員長(第46代)、通産大臣(第51代)、法務大臣(第52代)、自由民主党国会対策委員長(第35代、37代)、自由民主党幹事長(第29代)、内閣官房長官(第60代、第61代)を歴任した。茨城県出身。陸軍航空士官学校(59期・軍曹)卒業。日本大学工学部土木工学科卒業
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる