吉川英治 子孫

吉川英治(作家)家族・子供


祖父:銀兵衛(小田原藩の下級武士)
父親:吉川直広(旧小田原藩士。県庁勤務後、箱根山麓で牧畜業を営みさらに横浜へ移って牧場を拓く)
母親:イク

前妻:赤沢やす(1923年-1937年)
後妻:池戸文子(1937年-1962年)

長男:英明(慶應義塾大学法学部卒業。NHKで放送記者として活躍。吉川英治記念館館長)
次男:英穂
長女:曙美
次女:香屋子
養女:園子


■吉川家は江戸時代、小田原藩の下級武士であり祖父・銀兵衛は徒士並五石二人扶持で根府川番所につとめた。元々は「きっかわ」とよんだと吉川英治は言っている(『忘れ残りの記』)


吉川英治(よしかわ・えいじ)略歴
【1892年~1962年】戦前から戦後にかけて活躍した日本を代表する国民文学作家。神奈川県出身。貧しい家の事情から旧制小学校を中退。横浜ドック船具工、ラセン釘工場工員、蒔絵師の住み込み徒弟などの職を経たのち、創作活動に入る。主な作品に『新・平家物語』『宮本武蔵』『私本太平記』『新書太閤記』『三国志』『鳴門秘帖』などがある
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる