芥川龍之介 子孫

芥川龍之介(小説家)家族・子供


父親:新原敏三(牛乳製造販売業を営んだ)
母親:フク(実家が東京市本所区小泉町(現在の墨田区両国)の芥川家)
養父:芥川道章(叔父でフクの実兄)

妻:芥川文(海軍少佐・塚本善五郎の娘)

長男:芥川比呂志(俳優、演出家)
次男:芥川多加志(1945年4月13日にビルマ(現:ミャンマー)で戦死)
三男:芥川也寸志(作曲家、指揮者)


・芥川耿子(エッセイスト、詩人、童話作家)
・芥川貴之志(ファッションデザイナー)
・芥川麻実子(メディアコーディネーター)


芥川龍之介(あくたがわ・りゅうのすけ)略歴
【1892年~1927年】大正から昭和にかけて活躍した日本の小説家。東京都出身。東京大学英文科卒。大学在学中から同人誌新思潮を発行し文筆活動を行う。短編小説に優れ『蜘蛛の糸』『芋粥』『地獄変』『歯車』『羅生門』『鼻』『河童』『藪の中』『杜子春』そのほか多数の名作を残した
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる