FC2ブログ

池田勇人 家族

池田勇人(内閣総理大臣)家系・家族・子孫



父:池田吾一郎(広島県の造り酒屋)
母:うめ

前妻:直子(伯爵で貴族院議員だった広沢金次郎の三女、広沢真臣の孫)
後妻:満枝(医師・大貫四郎吉の次女)

子供
長女:直子(戦後の『金融王』近藤荒樹の長男・荒一郎に嫁ぐ)
次女:紀子(大蔵官僚、自民党の政治家・池田行彦(旧姓は粟根)の妻)
三女:祥子(ブリヂストン創業者・石橋正二郎の甥・石橋慶一の妻)
甥:山持巌(田中角栄元首相の義娘・静子と結婚)


■1899年(明治32年)、広島県豊田郡吉名村(現・竹原市)に父・池田吾一郎、母・うめの次男に生まれた。二男五女の末っ子。生家は造り酒屋で広島県の銘酒『豊田鶴』の醸造元である

■最初の妻・直子は明治維新の功労者・広沢真臣の血を引く、伯爵で貴族院議員だった広沢金次郎の娘。媒酌人は時の蔵相・井上準之助

■池田は難病にかかり、大蔵省をやむなく休職した時、妻・直子は不眠不休で看護したが、疲れから狭心症で急死する。この時に頼まれて看病に来たのが、母の従姉妹の娘にあたる大貫満枝で、後の満枝夫人である

■池田には直子、紀子、祥子と3人の娘がいるが、いずれも学習院大卒。戦略的に閨閥をつくったと言われる。長女・直子の義父の後妻・績子は元伯爵の明治神宮宮司・甘露寺受長(かんろじ・おさなが)の長女という関係から、旧皇族の北白川家まで繋(つな)がり箔(はく)をつけたと言われる


関連サイト
池田勇人語録 http://bit.ly/zMSRBz


池田勇人(いけだ・はやと)経歴(プロフィール)
1899年~1965年(明治32年~昭和40年)。内閣総理大臣(第58・59・60代)。広島県竹原市出身。京都帝国大学法学部卒、大蔵省入省。大蔵次官、衆議院議員(7期)、大蔵大臣(第55・61・62代)、通商産業大臣(第2・7・19代)、経済審議庁長官(第3代)、自由党政調会長・幹事長、内閣総理大臣(第58・59・60代)などを歴任した。65歳で没
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる