毛沢東 子孫

毛沢東(中華人民共和国建国者)家族・子供


父:毛貽昌(才覚で地主までなりあがった)
母:文素勤


・羅一秀(1907年–1910年)
・楊開慧(1920年–1927年8月)
・賀子珍(1928年初頭–1937年)
・江青(1939年–1976年)

子供
長男:毛岸英(軍人)
次男:毛岸青(軍事科学院でロシア語の翻訳の仕事に従事)
三男:毛岸竜
長女:楊月花
四男:毛岸紅
三女:李敏(北京師範大卒。孔令華と結婚、一男一女を授かる。中国人民政治協商会議委員選出)
四女:李訥(文化大革命中に北京市平谷県党委員会第一書記、北京市党委員会第二書記を歴任)

孫:毛新宇(中国人民解放軍の軍事科学院戦争理論戦略研究部副部長。階級は少将。毛岸青の息子)

曾孫
・2003年に男子誕生。毛新宇の息子
・2008年に女子が誕生。毛新宇の娘


■1893年、湖南省湘潭県韶山村にて、父・毛貽昌、母・文素勤の5人兄弟の三男として生まれる

■ただし、長男と次男は夭逝したため、事実上の長男扱いであった


毛沢東(もう・たくとう)略歴
【1893年~1976年】中華人民共和国の政治家、軍事戦略家、思想家、初代中華人民共和国主席。湖南省出身。中国共産党創始者のひとりで、党と中華人民共和国の最高指導者。建国後は極左政策を推進して「功積7分、誤り3分」と評される。詩詞にも優れる
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる