小針崇宏 家族

小針崇宏(作新学院監督)家系・子供


妻:あり
子供:娘がいる


■23歳の若さで作新学院の監督に就任

■2016年、33歳の若さで作新学院の監督として夏の甲子園で優勝

■趣味は長渕剛のDVDを見ることで、栃木大会で球場に行くバスでは、40曲を選手に聞かせてモチベーションを高めさせた



小針崇宏(こばり・たかひろ)経歴(プロフィール)
作新学院の野球部監督。1983年6月22日生まれ。栃木県宇都宮市出身。作新学院高では、2年春にセンバツに二塁手で出場し8強。3年夏は主将を務め、栃木大会決勝で敗れた。筑波大学に進学し野球部の主将として活躍する。大学卒業後は母校にもどり、その直後の2006年の秋に監督に就任した。23歳の若さで作新学院の監督に。趣味は「野球」で研究熱心。サンケイスポーツ専属評論家の野村克也の連載「ノムラのすべて」を愛読
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる