FC2ブログ

明智光秀 子孫

明智光秀(戦国大名)の子孫


子供
長女:明智光春の妻
次女:明智光忠の妻
三女:細川忠興の妻(細川ガラシャ)
四女:津田信澄の妻
長男:光慶
次男:十二郎
三男:乙寿丸

子孫
・織田昌澄(光秀の外孫にあたり、大坂の役で豊臣方に加わるが助命され、子孫は旗本となる)
・細川忠隆(細川忠興の嫡男。後、廃嫡され、子孫は細川家臣内膳家となるがガラシャの血を継ぐ)
・細川忠利 (細川忠興の三男。熊本藩初代藩主)
・春日局(父は斎藤利三、母は明智光秀の妹であり稲葉一鉄の姪にあたる。江戸幕府3代将軍・徳川家光の乳母)
・明智憲三郎(明智光秀の子孫にあたる。1947年生まれ。作家・歴史研究家。光秀の子、於寉丸(おづるまる)の血筋を引くと伝えられる


明智光春
【1536年-1582年】戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。織田家家臣の明智光秀の重臣

明智光忠
【1540年? -1582年】戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。明智光秀の家臣。丹波国八上城主。通称は次右衛門、治右衛門、二郎四郎

細川忠興
戦国時代から江戸時代初期にかけての武将、大名。丹後国宮津城主を経て、豊前国小倉藩初代藩主。肥後細川家初代

明智光慶
【1569年 -1582年】安土桃山時代の武将。本姓は源氏。家系は清和源氏の摂津源氏系で、美濃源氏土岐氏支流である明智氏。仮名は十五郎。明智光秀の長男。母は煕子


関連サイト
トップページ http://nihonnokakeizu.net/
明智光秀語録 http://bit.ly/1kxZm3X
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる