ハリー・トルーマン 子孫

ハリー・トルーマン(アメリカ33代大統領)家族・子供


父親:ジョン・アンダーソン・トルーマン
母親:マーサ・エレン・ヤング
長兄:ジョン・ヴィヴィアン・トルーマン(1886年-1965年)

妻:ベス

娘:マーガレット・トルーマン

孫:クリフトン・トルーマン・ダニエル(1957年生まれ。著述家。新聞記者)


■初孫のクリフトンは2012年8月トルーマンの孫として来日、同4日広島市平和記念公園の原爆死没者慰霊碑に献花した

■平和記念式典に参列した後、「私を快く思わない被爆者もいることは知っているが、帰国後は本を書き、広島の被爆者の思いを広めたい」と語った



関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
ハリー・トルーマン語録http://bit.ly/O1oZwb


ハリー・S・トルーマン略歴
【1884年~1972年】アメリカ合衆国第33代大統領(在任1945年4月12日~1953年1月20日)。ミズーリ州ラマーの農家に生まれる。高校卒業後、銀行に勤めるが、父親を手伝うために就農。第一次世界大戦時にはフランス戦線に赴く。戦争終結後、結婚、小間物屋を始める。1922年にジャクソン郡の判事に選出される。1934年にミズーリ州の上院議員に。1945年に大統領に就任。日本への原子爆弾投下命令を下す。第2次世界大戦終結による混乱期にフェアディール政策、マーシャル計画、トルーマン・ドクトリンなどを実施した。88歳で死去
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる