FC2ブログ

安国寺恵瓊 子孫

安国寺恵瓊(戦国の僧)家系・家族・子孫



■父は安芸武田氏の一族である武田信重(光広)とも、伴繁清(安芸武田氏)の一族とも伝わるがはっきりしたことは分からない。

■安芸武田氏は5代武田信光の時代に承久の乱の戦功によって鎌倉幕府より安芸守護に任じられたことから始まるとされる

■安芸国の守護大名・武田氏の出身といわれる恵瓊は、安芸国の安国寺に入って出家。毛利氏の信任を得て、安国寺の僧侶を務めながら、毛利氏の外交僧として活躍した

■豊臣政権において秀吉によって取り立てられて大名となったとするのが一般的な見解であるが、異論もある

■関ヶ原の合戦で石田三成に味方して敗れ、捕えられて刑死した


関連サイト
安国寺恵瓊語録 http://bit.ly/1mD0bxa


安国寺恵瓊(あんこくじ・えけい)略歴
【1539年頃~1600年】戦国時代から安土桃山時代にかけての臨済宗の僧。僧籍のまま大名になったと言われる異色の人物。毛利氏の外交僧(武家の対外交渉の任を務めた禅僧)として豊臣(羽柴)秀吉との交渉窓口となった。関ヶ原の合戦で石田三成に味方して敗れ、捕えられて刑死した
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる