近藤富枝 家族

近藤富枝(作家)家系・子供


祖父:水島辨治郎(日本橋の金襖問屋・増見屋の8代目水島三右衛門の次男)
父親:袋物問屋

夫:土門周平(軍事史研究家)

長男:龍太郎
娘:近藤陽子(講談社の編集者から「王朝継ぎ紙研究会」に参加して講師をつとめる)
姪:森まゆみ(作家)


■40代で女性雑誌などの執筆活動を始め、著作に「田端文士村」「服装から見た源氏物語」などがある。NHK朝の連続テレビ小説「本日も晴天なり」のモデルにもなった

■2016年7月、93歳で死去


近藤富枝(こんどう・とみえ)略歴・経歴(プロフィール)
【1922年8月19日~2016年7月24日】日本の作家、エッセイスト。旧名:水島富枝。初めは明治・大正の文学者について調査研究を行い、その後は着物や布についてのエッセイが多い。『宵待草殺人事件』『鹿鳴館殺人事件』というミステリ作品も発表。財団法人民族衣裳文化普及協会理事、王朝継ぎ紙研究会を主宰
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる