児玉誉士夫 家族

児玉誉士夫(政財界の黒幕)家系・子供


祖父:山田兵太夫(明治維新後、二本松の副参事となった。※異説あり)

父親:酉四郎(旧姓は山田)
母親:7歳の時に亡くなる

長男:児玉博隆
三男:児玉守弘(TBSサービス社長)


■1960年、生前葬を行う。河野一郎や大野伴睦といった大物政治家が児玉のための葬儀に集まり、焼香している

■松本清張の小説『けものみち』に登場する人物「鬼頭洪太」は、児玉をモデルにしているとする説がある



児玉誉士夫(こだま・よしお)略歴・経歴(プロフィール)
【1911年~1984年】日本の右翼運動家。「政財界の黒幕」、「フィクサー」と呼ばれた。戸籍上は、福島県安達郡本宮町(現本宮市)中条45番地生まれ。村上春樹の小説『羊をめぐる冒険』に登場する「先生」と呼ばれる架空の人物は、児玉をモデルにしているとする説がある
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる