遠藤現夢 子孫

遠藤現夢(緑化の父)家族・子供


実父:瀧口太右衛門(醸造業)
養父:遠藤(醸造業で醤油製造をいとなむ)

息子:遠藤義之助


■1888年の磐梯山噴火に伴う膨大な岩屑なだれに覆われて数十年間荒地のままだった裏磐梯を、もう一度野鳥のさえずる森に変えたいと願い、約2年をかけて気の遠くなるような1340haに及ぶ植林をなしとげた

■遠藤の墓は五色沼のうち「青沼」のほとりにある

■墓の傍には1961年に、息子の遠藤義之助が亡き父の偉業を後世に遺すための石碑を建立。
碑の裏側には「とこしえに 来りつたへよ 時鳥 知る人ぞ知る 父の功を」と句が刻まれている



遠藤現夢(えんどう・げんむ)略歴
【1864年~1934年】日本の実業家。福島県北部にある磐梯高原(裏磐梯)緑化の父と呼ばれる。現夢による植林の始まりは、まず鶴ヶ城跡であった。現夢は城の近くに住んでいたので、松平家からその手入れを任せられた。森林組合を結成し、さらなる緑化活動に従事するが、その中で磐梯山の旧噴火口に注水して温泉にする、いわゆる造成温泉の事業を成功させる
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる