ミットフォード 子孫

A・B・ミットフォード(英国外交官)家系・子供


曽祖父:ウィリアム・ミットフォード(著名な歴史家)

父親:ヘンリー・リブレー・ミットフォード
母親:ジョージアナ(アッシュバーナム伯爵の娘)

妻:クレメンティナ・ガートルード・ヘレン(エアリー伯爵の三女)

子供(息子5人、娘4人)
長男:クレメント(1876年-1915年)。第一次世界大戦のため1915年に戦死
次男:デイヴィッド(1878年-1958年)。第2代リーズデイル男爵位を継承。ミットフォード姉妹の父親
三男:ベートラム(1880年-1962年)。第3代リーズデイル男爵位を継承
四男:ジョン(1885年-1963年)。第4代リーズデイル男爵を継承
五男:アーネスト(1895年-1939年)

また日本滞在中、日本の芸者との間に2人の子供を儲けたといわれている

孫:ミットフォード姉妹(6人姉妹である。それぞれ作家、ファシスト、コミュニスト、公爵夫人など多彩な波乱万丈の人生を送り、イギリスでは20世紀前半の上流階級の一例としてアイコン的存在になった)


※ミットフォードは土佐藩の後藤象二郎を一番買っていた


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
ミットフォード語録http://goo.gl/OIfwW1


アルジャーノン・フリーマン=ミットフォード略歴
【1837年~1916年】イギリスの外交官、政治家、収集家、作家、貴族。幕末から明治初期にかけて、外交官として日本に滞在した。著書:長岡洋三訳『英国外交官の見た幕末維新』講談社(1998年)など
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる