FC2ブログ

吉川元春 子孫

吉川元春(戦国武将)家系・家族・子孫



父:毛利元就(安芸(現・広島県西部)の国人領主・大名) 
母:妙玖(吉川国経女)
養父:吉川興経(安芸の国人)

兄弟
・毛利隆元
・五龍局(宍戸隆家室)
・小早川隆景
・二宮就辰
・穂井田元清
・毛利元秋
・出羽元倶
・天野元政
・末次元康
・毛利秀包


正室:新庄局(熊谷信直の娘)
側室はもたなかったと言われる

子供
・元長
・毛利元氏
・広家
・禅岑法師(夭折)
・女(益田元祥室)


■享禄3年(1530年)、毛利元就の次男として安芸吉田郡山城で生まれた

■父・元就によって藤原南家の流れを汲む安芸国の名門・吉川氏に養子として送り込まれ、乗っ取り家督を相続した。以後、毛利両川の一人として、弟の隆景と共に毛利家発展の基礎を築き上げ、主に山陰地方の司令官として活躍した


関連サイト
吉川元春語録 http://bit.ly/1xRF8ee


吉川元春(きっかわ・もとはる)略歴
【1530年~1586年】戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。毛利元就の次男、母は吉川国経の娘妙玖。毛利両川の一人として、弟の隆景と共に毛利家発展の基礎を築き上げ、主に山陰地方の司令官として貢献した
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる