FC2ブログ

毛利元就 子孫

毛利元就(戦国最高の知将)家系・家族・子孫



父:毛利弘元(安芸国国人領主、毛利氏当主)
母:福原夫人(福原広俊娘)
継母:杉大方(高橋氏)

兄弟
・興元(吉田郡山城城主)
・北就勝(毛利氏の家臣)
・相合元綱
・見付元氏
・女(武田氏室)


正室:妙玖(吉川国経女)
側室
・乃美大方(乃美隆興娘)
・三吉氏(三吉隆亮妹)
・中の丸

【子供】
正室の妙玖(吉川国経娘)
・長女(夭折。高橋氏の人質。のち高橋氏により殺害)
・毛利隆元
・吉川元春
・小早川隆景
・五龍局(宍戸隆家室)

側室の乃美大方
・穂井田元清
・天野元政
・毛利秀包(小早川秀包)

側室の三吉氏
・椙杜元秋
・出羽元倶
・末次元康


■主君:尼子経久→大内義隆

■明応6年(1497年)3月14日、安芸の国人領主毛利弘元と福原氏との間に次男として誕生。幼名は松寿丸。出生地は母の実家の鈴尾城(福原城)と言われ、現在は毛利元就誕生の石碑が残っている。


関連サイト
毛利元就語録 http://bit.ly/17lMmhC


毛利元就(もうり・もとなり)略歴
【1497年~1571年】室町時代後期から戦国時代にかけての安芸(現在の広島県西部)の国人領主・戦国大名。安芸(現在の広島県西部)の小規模な国人領主から中国地方のほぼ全域を支配下に置くまでに勢力を拡大、中国地方の覇者となり「謀神」「謀将」とも評されるが、「知将」の呼び名の方が高く、「戦国最高の知将」と後世評される。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる