原敬 子孫

原敬(内閣総理大臣)家族・子供



祖父:直記(家老職にあったほどの上級武士の家柄)
父親:原直治(盛岡藩士)

先妻:貞子(旧薩摩藩士・中井弘長女)
後妻:浅(東京新橋「紅葉館」芸者。岩手県江刺郡岩谷堂町・菅野弥太郎娘)

養子:原圭一郎(伝記作家。実の甥)

孫:昌三(三菱重工船舶事業本部技師長、日本馬術連盟理事長)


■第19代内閣総理大臣。カミソリ大臣といわれた陸奥宗光の引き立てにより外務官僚として重用され、やがて政界に進出。外務大臣を足がかりに、大正時代に内閣総理大臣まで登りつめた


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
原敬語録http://bit.ly/w0Z3BC


原敬(はら・たかし)略歴
【1856年~1921年】内閣総理大臣(第19代)。盛岡藩出身。外務次官、大阪毎日新聞社社長を歴任。立憲政友会の創立に参加。内務大臣(第25・27・29代)、立憲政友会総裁(第3代)、内閣総理大臣を歴任。元老の藩閥勢力に対抗する「平民宰相」として世論の支持を得るが、東京駅で暗殺される。65歳で没
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる