野口英世 子孫・末裔

野口英世(細菌学者)家族・子供



父:野口佐代助(酒好きであった)
母:シカ(農作業のかたわら、副業として産婆を営んだ)

姉:イヌ
弟:清三

妻:メリー・ダージス

子供:妻・メリー・ダージスとの間に子供はいなかった
養子:栄(姉イヌの長男)


■趣味は、女遊び、浪花節、将棋、囲碁、油絵であった

■野口英世を主人公とした、子供向けの偉人伝が多数刊行されて「偉人の代表」ともよべる存在となったため、医学研究者としては非常に知名度が高い人物である

■2004年より発行されている日本銀行券のE号千円札の肖像になっている


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
野口英世語録http://bit.ly/1bEhcNF


野口英世(のぐち・ひでよ)略歴
【1876年~1928年】日本の細菌学者。福島県生まれ。ペンシルベニア大学医学部を経て、ロックフェラー医学研究所研究員。細菌学者として数々の論文を発表し、3度ノーベル生理学・医学賞候補になる。黄熱病の研究中、自身も罹患し、アフリカのガーナのアクラにて51歳で死去
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる