宮城谷昌光 家族

宮城谷昌光(歴史小説家)家系



実家:土産物屋
妻:宮城谷聖枝
子供:


■古代中国の偉人にスポットを当てた作品を得意とする

■代表作に『重耳』、『孟嘗君』など

■本名は宮城谷 誠一(みやぎたに・せいいち)


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
宮城谷昌光語録http://bit.ly/ZdGcLK


宮城谷昌光(みやぎたに・まさみつ)略歴
日本の小説家、歴史小説・時代小説作家。1945年2月4日、愛知県宝飯郡三谷町(現・蒲郡市三谷町)で生まれる。早稲田大学第一文学部英文学科卒業。出版会社勤務や家業の土産物屋の手伝い等を経て、郷里にて英語の塾を開く。作家として名が売れるまでは苦しい生活が長く続いた。1990年、『天空の舟』で直木賞候補。1993年、『重耳』で第44回芸術選奨文部大臣賞受賞。2000年、第3回司馬遼太郎賞受賞。2001年、『子産』で第35回吉川英治文学賞受賞
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる