山内昌之 家族

山内昌之(歴史学者)家系・子供



父:日本国有鉄道職員
弟:山内進(一橋大学学長・法制史学者)

前妻:靖子(2008年、病気で急死)
後妻:三井理恵


■文化芸術などにも造詣が深く、各雑誌・新聞などでの書評執筆や読売新聞「地球を読む」のコラムニストなどとして多彩な言論活動を展開している

■『嫉妬の世界史』は安倍晋三が総理就任前に読んだ本として紹介されている


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


山内昌之(やまうち・まさゆき)略歴・経歴(プロフィール)
日本の歴史学者。明治大学特任教授。東京大学名誉教授。専攻は中東・イスラーム地域研究、および国際関係史。1947年8月30日、北海道札幌市で生まれる。小樽市で育つ。北海道小樽潮陵高等学校卒業後、北海道大学に進学。著書:『文明の衝突から対話へ』(岩波現代文庫, 2000年)。『政治家とリーダーシップ――ポピュリズムを超えて』(岩波書店, 2001年/岩波現代文庫, 2008年)。『歴史家の書見台』(みすず書房, 2005年)。『歴史学の名著30』(ちくま新書, 2007年)など多数
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる