FC2ブログ

秦逸三 家族

秦逸三(人造絹糸製造の成功者)家系・家族・子孫



父:彦助
母:チセ
長兄:恭一
妻:丸井艶枝(大正12年死去)
後妻:田中レイ(大正13年に再婚)
長男:恒雄(明治43年誕生)
長女:幾子(大正2年誕生)
次男:辰二(大正5年誕生、大正9年死去)
三男:英雄(大正10年誕生)
次女:和子(大正14年誕生)
三女:知子(昭和5年生まれ)


■1880年(明治13年)、広島県に父・彦助、母・チセの三男として生まれた。


参考文献:『久村清太(著者:丹羽文雄)』


関連サイト
秦逸三語録 http://bit.ly/1jHrRfZ


秦逸三(はた・いつぞう)略歴
【1880年~1944年】日本で初めて人造絹糸(レーヨン)製造に成功した科学者・実業家。帝国人造絹糸(現・帝人の前身)共同設立者。広島県生まれ。現・山形大学工学部教授となり、研究室でビスコース人造絹糸(レーヨン)製造に専念する。研究費の不足から鈴木商店の金子直吉の援助を請け、1915年に大学の同窓であった久村清太の協力で製造所を立ち上げた。1918年、帝国人造絹糸株式会社(後の帝人)が設立されると取締役となり、ついには工業化に成功、日本の人絹工学のパイオニアとなった。これは大学発のベンチャー企業の先駆けとも言われる。1934年、常務取締役第二帝人社長。1942年同社顧問。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる