合田佐和子 家族

合田佐和子(画家)家系・旦那


夫:
次女:安藤信代(あんどう・のぶよ)


■1960年代、オブジェ制作の傍ら、唐十郎、寺山修司らの舞台・宣伝美術を手掛けて話題に。その後も憂愁に満ちた女性像を中心に油彩、パステル、写真など幅広い表現に取り組んだ

■作品集に『パンドラ』『ナイルのほとりで』『ポートレート』など

■2016年2月19日心不全のため75歳で死去


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


合田佐和子(ごうだ・さわこ)略歴・経歴(プロフィール)
【1940年~2016年】日本の女性画家。1940年高知県高知市に生まれる。武蔵野美術学校(現武蔵野美術大学)卒業。唐十郎主宰の劇団状況劇場・唐組、寺山修司主宰の天井桟敷の宣伝・舞台美術などに参加する。1982年第1回現代芸術祭「瀧口修造と戦後美術」に出品。2001年高知県立美術館で森村泰昌と合田佐和子展を開催。2003年松濤美術館にて個展、これまで多数の作品集・個展を開催

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる