近松門左衛門 子孫

近松門左衛門(人形浄瑠璃)家系・子供



父:杉森信義(福井藩士)
母:喜里(医者の家系で松平忠昌の侍医であった岡本為竹法眼受慶の娘)
弟:伊恒(後に医者となり、岡本一抱(為竹)と名乗っている)

妻:近松と共に広済寺境内に眠っている

次男:浄瑠璃関係の仕事に就いた
三男:浄瑠璃関係の仕事に就いた


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
近松門左衛門語録http://bit.ly/1n2HyyQ


近松門左衛門(ちかまつ・もんざえもん)略歴
【1653年~1725年】江戸時代元禄の歌舞伎・人形浄瑠璃の劇作家。100作以上の浄瑠璃を書いたが、そのうち約20曲が世話物、残りが時代物であった。生まれは越前国(諸説あり)といわれる。代表作:『出世景清』(1685年)、『曽根崎心中』(1703年)、『冥途の飛脚』(1711年)、『国性爺合戦』(1715年)、『心中天網島』(1720年)、『、『女殺油地獄』(1721年)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

先祖が歌舞伎で鬼畜外道な極悪人として侮辱され続けてます。

当家の初代は、鳥羽院の御落胤にて、領内では善政を敷き、其の忠烈無比と善政振りから、大明神号を冠せられた神様に成ってます。極悪人に貶められてる事を治水の恩恵に浴す水氏子の方々が哀しんで幾久しい有り様です。子孫の方が居られるなら詫びの参拝にいらして頂きたい物です。
検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる