近松門左衛門 子孫

近松門左衛門(人形浄瑠璃)家系・子供



父:杉森信義(福井藩士)
母:喜里(医者の家系で松平忠昌の侍医であった岡本為竹法眼受慶の娘)
弟:伊恒(後に医者となり、岡本一抱(為竹)と名乗っている)

妻:近松と共に広済寺境内に眠っている

次男:浄瑠璃関係の仕事に就いた
三男:浄瑠璃関係の仕事に就いた


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
近松門左衛門語録http://bit.ly/1n2HyyQ


近松門左衛門(ちかまつ・もんざえもん)略歴
【1653年~1725年】江戸時代元禄の歌舞伎・人形浄瑠璃の劇作家。100作以上の浄瑠璃を書いたが、そのうち約20曲が世話物、残りが時代物であった。生まれは越前国(諸説あり)といわれる。代表作:『出世景清』(1685年)、『曽根崎心中』(1703年)、『冥途の飛脚』(1711年)、『国性爺合戦』(1715年)、『心中天網島』(1720年)、『、『女殺油地獄』(1721年)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる