相馬半治 子孫

相馬半治(明治製菓創立者)家族・子供



実父:庵(田中家7代目。家禄59俵。田中家は代々犬山藩の家臣)
実母:八重子(尾張藩士加藤平八郎の長女)

妻:下斗米清子(旧南部藩出身)

長女:春子
長男:秀夫(夭折)
次男:成朗
婿養子:相馬敏夫(大蔵官僚、官選栃木県知事、明治製糖社長)


■1898年、第百五十二国立銀行の設立に携わった松田通信の仲介で、旧南部藩出身の下斗米清子と結婚して婿養子になった

■1904年、長女・春子が生まれ、1906年に姓を下斗米家の本姓相馬と改めて相馬半治となった


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


相馬半治(そうま・はんじ)略歴・経歴(プロフィール)
【1869年~1946年】日本の実業家、研究者。明治製糖、明治製菓の創立者の一人。1869年8月15日、現在の愛知県で生まれる。1903年に東京高等工業学校(現東京工業大学)の教授となり、1906年に教授を辞めて明治製糖の設立に加わり、1916年に明治製菓設立に加わり、1923年から1942年まで明治製菓会長
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる