西周 子孫

西周(哲学者)家族・子供



父親:西時義(旧名・森覚馬)
養子:西紳六郎(海軍中将、政治家、華族、貴族院議員、男爵)
従甥:森鷗外(文豪)


■明治6年(1873年)、森有礼・福澤諭吉・加藤弘之・中村正直・西村茂樹・津田真道らと共に明六社を結成し、翌年から機関紙『明六雑誌』を発行した

■啓蒙家として、西洋哲学の翻訳・紹介等、哲学の基礎を築くことに尽力した


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
西周語録http://goo.gl/N2p1Hq


西周 (にし・あまね)略歴
【1829年~1897年】江戸時代後期から明治時代初期の幕臣、官僚、啓蒙思想家、教育者。貴族院議員。東京学士会院(現在の日本学士院)第2代及び第4代会長[2]、獨逸学協会学校(現在の獨協学園)の初代校長を務めた。文政12年2月3日(1829年3月7日)、石見国津和野藩(現、島根県津和野町)の御典医の家柄に生まれる
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる