野坂昭如 家族

野坂昭如(放送作家)家系・子供



曽祖父:越前福井藩主松平慶永の家臣だった
祖父:警視庁邏卒(後の巡査)だった

実父:野坂相如(土木技師で戦後に新潟県副知事を務めた)
実母:生後、2ケ月で亡くなる
兄:野坂恒如(ジャズ評論家)

妻:野坂暘子(シャンソン歌手)

長女:野坂麻央(作家、エッセイスト。芸名は花景美妃)
次女:愛耀子(女優。元宝塚歌劇団娘役)


■2015年に死去


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
野坂昭如語録 http://bit.ly/1pZM60a


野坂昭如(のさか・あきゆき)略歴
【1930年~2015年】日本の作家、歌手、作詞家、タレント、参院議員。1930年10月10日神奈川県鎌倉市小町で生まれた。早稲田大学文学部中途退学。著作『アメリカひじき・火垂るの墓 』『エロ事師たち』『道楽のすすめ』『八方やぶれ』『死刑長寿』『かくて日本人は飢死する』など
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる