良寛 子孫

良寛(曹洞宗の僧侶)家族・子供


父:桂誉章(かつら・たかあき)


■難しい説法を民衆に対しては行わず、自らの質素な生活を示す事や簡単な言葉を用いて解り易く仏法を説き、一般民衆のみならず、様々な人々の共感や信頼を得たとされる人物

■最期を看取った弟子の貞心尼が『蓮の露』に良寛の和歌を集めた。良寛は他に漢詩、狂歌、俳句、俗謡に巧みで、書の達人でもあった(故に後世の贋作が多い)

■新潟県長岡市(旧和島村)の隆泉寺に眠る


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
良寛語録http://bit.ly/18w8MHj


良寛(りょうかん)略歴
【1758年~1831年】江戸時代後期の曹洞宗の僧侶、歌人、漢詩人、書家。越後国出雲崎(現・新潟県三島郡出雲崎町)で生まれた。18歳で出家し、玉島(のちの岡山県倉敷市)円通寺の国仙和尚に師事し諸国を回る。生涯、寺を持たず各地を回り布教を行った。自ら質素に生き、民衆にわかりやすく仏法を説いた
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる