中根喜三郎 家族

中根喜三郎(釣竿職人)家系・子供



曽祖父:中根忠吉(初代竿忠。パリ万国博覧会に和竿を出品)
祖父:中根仁三郎(2代目竿忠。多くの竿を作った)

父:中根音吉(3代目竿忠。著書『竿忠の寝言』)
妹:海老名香葉子(初代林家三平夫人)

甥:9代目林家正蔵と2代目林家三平
姪:海老名美どり(峰竜太夫人)と泰葉(春風亭小朝元夫人)


■両親と祖母・長兄・次兄・弟を東京大空襲で失った(妹・香葉子と自分だけが生き残る)

■曽祖父の中根忠吉(初代竿忠)は朝倉文夫によって銅像がつくられ、竿忠の家に置かれた。長谷川伸の戯曲『名人竿忠』のモデル

■2015年12月8日放送の『徹子の部屋』で、妹の海老名香葉子と出演した


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


中根喜三郎(なかね・きさぶろう)略歴・経歴(プロフィール)
日本の釣竿職人。1932年1月1日生まれ。1951年、釣竿職人の道に入り、1956年に独立。1974年、5世4代目竿忠を襲名し、帝国ホテルで襲名披露を行った。江戸和竿協同組合理事長などの要職を歴任した。2015年、名誉都民
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる