葛飾北斎 子孫

葛飾北斎(浮世絵師)家族・子供



実父:鏡職人
養父:中島伊勢(幕府御用達鏡磨師)
養母:吉良上野介の家臣小林平八郎の孫娘

妻:2度結婚しておりそれぞれの妻との間に1男2女を儲けている

長女:お美与(北斎の門人の柳川重信と結婚するが離縁)
長男:富之助
次女:お辰(またはお鉄)
次男:多吉朗-崎十郎(元服後)支配勘定-加瀬氏へ養子に出る
三女:お栄(葛飾応為)絵師の南沢等明と結婚するが離縁
四女:お猶

孫娘:白井多知女

曾孫:白井孝義


■代表作に『富嶽三十六景』や『北斎漫画』があり、世界的にも著名な画家である


トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
葛飾北斎語録http://bit.ly/16rG2QM


葛飾北斎(かつしか・ほくさい)略歴
【1760年~1849年】江戸時代後期の浮世絵師。化政文化を代表する一人で世界的にも著名な画家である。代表作『富嶽三十六景』『北斎漫画』など。森羅万象を描き、生涯に3万点を超える作品を発表した。北斎の絵師としての地位は「富嶽三十六景」の発表により、不動のものとなっただけでなく、風景画にも新生面を開いた。北斎の業績は、浮世絵の中でまさに巨大な高峰であったが、達者な描写力、速筆は『北斎漫画』の中にも見ることが可能である
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる