横尾忠則 家族

横尾忠則(美術家)家系・嫁・子供



実父:成瀬光政
実母:ツヨ
養父:横尾誠起(叔父で呉服商)
養母:輝恵

妻:谷泰江(神戸新聞会館に勤務した)
長女:横尾美美(美術家)


■1936年6月27日 兵庫県多可郡西脇町(現在の西脇市)に成瀬光政とツヨの次男として生まれる

■1939年 2-3歳の頃に、呉服商であった叔父の横尾誠起と輝恵夫妻の養子に入り、かわいがられて育つ

■2008年 初の小説集『ぶるうらんど』で泉鏡花文学賞受賞

■2011年 旭日小綬章受章

■2015年 高松宮殿下記念世界文化賞絵画部門受賞


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
横尾忠則語録http://bit.ly/1arA5nO


横尾忠則(よこお・ただのり)略歴
日本の美術家、グラフィックデザイナー。西脇市名誉市民。1936年6月27日 兵庫県西脇市生まれ。高校卒業後、地元の印刷屋に就職。その後、神戸新聞社にてグラフィックデザイナーとして活動後に独立した
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる