桂小軽 家族

桂小軽(落語家)家系・嫁


父:
母:
妻:
子供:


■1977年2月6日に放送された桂三枝(現・6代桂文枝)司会の『いたずらカメラだ!大成功』の番組でライオンがいる檻の中に何も説明も無いまま放り込まれライオンに襲われ怪我をした事で一躍有名になった



桂小軽(かつら・おかる)略歴・経歴(プロフィール)
日本の落語家。上方落語協会協会員。出囃子は『大拍子』。吉本興業所属。本名は西裏文雄(にしうら・ふみお)。1950年12月23日、大阪で生まれる。子供のころNHK大阪児童劇団で活動。関西大学経済学部入学。5代目桂文枝(当時:桂小文枝)に入門。関西大学経済学部卒業





落語家(らくごか)は、落語を演じて視聴させることを職業とする人。戦前は、寄席がおもな活動の拠点で、グループを組んで地方公演も行っていたが、戦後はその話術を生かしテレビやラジオの司会業、パーソナリティなどの副業をすることも多い。「話家」「噺家」「咄家」(はなしか)は、「落語家」の古い表現である
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる