遠藤又兵衛 子孫

遠藤又兵衛(小樽の豪商)家系・子供



父:現在の秋田県に住んだ


■小樽に居を構えて海産商を初めたのが大当たりして巨万の富を築いた実業家

■天保14(1843頃)年、羽後国に生まれ、安政4(1857頃)年、15歳にして松前の商店で働き、行商を行う

■1879(明治12)年、小樽に居を構えて海産商を初めたのが大当たりして巨万の富を築く

■工費数千万円を投じて住吉神社に石段や玉垣を寄進したり、慈善団体に多額の寄付をしたりと、公共精神の厚い人物であった

■1923(大正12)年9月19日没

■遠藤又兵衛の邸宅は、小樽港を望む高台にあり、木造瓦葺き下見板張りの武家屋敷を思わせる豪壮なつくりで、和風を基調としながらも玄関脇の応接間に大きな三面のベイウィンドウを付けた和洋折衷住宅であった。昭和60年に小樽市の歴史的建造物に指定されている

■建築にあたっては、本州材を取り寄せ、釘を使わずに3年の歳月をかけて作られたという、和洋折衷の大豪邸で、美しい庭園に囲まれ「小樽御殿」の名で知られていた


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


遠藤又兵衛(えんどう・またべい)略歴・経歴(プロフィール)
【天保14(1843頃)年~1923(大正12)年】北海道小樽の豪商、実業家。羽後国に生まれ、安政4(1857頃)年、15歳にして松前の商店で働き、行商を行う。1879(明治12)年、小樽に居を構えて海産商を初めたのが大当たりして巨万の富を築く
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる