奥村五百子 子孫

奥村五百子(愛国婦人会)家族・子供



父:奥村了寛(真宗大谷派釜山海高徳寺の住職)

夫:大友法忍(福成寺の住職)。死別
夫:鯉淵彦五郎(水戸藩出身の志士)。再婚するが離婚する


■高杉晋作、野村望東尼とまじわり尊攘(そんじょう)運動に参加。北清事変の際、日本軍を慰問したことをきっかけに明治34年軍事援護を目的とする愛国婦人会を組織。全国を遊説して組織の拡大につとめた


トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


奥村五百子(おくむら・いおこ)略歴・経歴(プロフィール)
【1845年~1907年】幕末・明治期の社会運動家。愛国婦人会の創設者。1901年に近衛篤麿・小笠原長生や華族婦人らの支援を受けて愛国婦人会を創設する。以後、会のために日本全国で講演活動を行い、日露戦争時には病身を押して献金運動への女性の参加を呼びかけ、戦地慰問に努めた。肥前国唐津出身
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる