大竹富江 家族

大竹富江(美術家)家系・家族・子供



実家:京都府京都市で材木商を営んだ
兄弟:6人きょうだいの末っ子

夫:日本人。1936年 ブラジルに渡り、現地の日本人と結婚した

子供
長男:ルイ・オオタケ(建築家)
次男:リカルド・オオタケ(サンパウロ州文化長官を務めた)


■日本からブラジルに帰化した美術家

■1913年 京都府京都市で3代続く材木商の子として生まれる

■受賞歴
・1974年 サンパウロ芸術批評家協会年間最優秀芸術家賞
・1988年 リオブランコ国家勲章
・2013年 ブラジル文化勲章


トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


大竹富江(おおたけ・とみえ)略歴・経歴(プロフィール)
【1913年~2015年】日本からブラジルに帰化した美術家。京都府京都市で材木商の子として生まれる。同志社大学文学部卒業。1936年 ブラジルに渡る。現地の日本人と結婚。1951年 日本に一時帰国する。1952年 絵画の制作を始める。1968年 ブラジル国籍取得。2015年2月12日 サンパウロの病院で死去
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる