FC2ブログ

桂宮宜仁親王 家族

桂宮宜仁親王(皇族)家系・家族・子孫



祖父:大正天皇
祖母:貞明皇后(大正天皇の皇后。旧摂家・公爵である九条道孝の四女)
祖父:高木正得(旧河内丹南藩の最後の藩主高木正善の子、昆虫学者)
祖母:高木邦子(弟は、昭和天皇の侍従長で随筆家の入江相政)
父:三笠宮崇仁親王(皇族、歴史学者、陸軍軍人で最終階級は陸軍少佐)
母:崇仁親王妃百合子(昆虫学者、貴族院議員で子爵の高木正得の次女)
姉:甯子内親王(日本赤十字社社長の近衛忠煇の夫人)
兄:寛仁親王(麻生太郎元首相の妹・麻生信子と結婚。麻生太郎は義理兄)
妹:容子内親王(千宗室(茶道裏千家第16代家元)の夫人)
弟:高円宮憲仁親王(2014年に結婚が内定した典子様の父親)


関連サイト
昭和天皇語録 http://p.tl/l3gg
テーマ別名言格言 http://bit.ly/1jIa9Nh


桂宮宜仁親王(かつらのみや・よしひとしんのう)略歴
【1948年~2014年】日本の皇族。三笠宮崇仁(たかひと)親王殿下と同妃百合子の第二男子。今上天皇の従弟にあたる。独身で宮家を創設した。自宅(桂宮邸)は東京都千代田区三番町。1988年(昭和63年)1月1日に、昭和天皇から「桂宮」の称号を受け、独立の生計を立てるようになった。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる