大村智 家族

大村智(ノーベル医学賞)家系・家族・子供


父:大村恵夫(農業を行う)
母:文子(小学校の先生。現在の南アルプス市出身)
姉:山田淳子
妹:書家
弟:泰三(浪人して東京大学に入学)

妻:文子(故人)
長女:育代(世田谷区に在住)


■農家で5人きょうだいの長男として生まれる

■両親の仲人は甲州財閥の若尾家の人々が引き受けた

■2015年 ノーベル医学・生理学賞の受賞者に、大村智北里大学名誉教授が選ばれた

■45年余に亘り独創的な探索系を構築し微生物の生産する有用な天然有機化合物の探索研究を続け、これまでに類のない450種を超える新規化合物を発見している

■一方、それらに関する基礎から応用にわたる幅広い分野の研究を推進した


※参考文献『私の履歴書(日経新聞)』


トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
大村智語録http://goo.gl/bzyNel


大村智(おおむら・さとし)略歴・経歴(プロフィール)
日本の天然物有機化学者。北里大学特別栄誉教授。薬学博士。理学博士。1935年7月12日山梨県韮崎市で生まれる。山梨大学学芸学部卒業。東京理科大学大学院理学研究科修士課程修了。1968年北里大学薬学部助教授。2005年米国ウェスリアン大学 MaxTishler教授。2013年北里大学特別名誉教授
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる