岸朝子 家族

岸朝子(料理記者)家族・子供



父:宮城新昌(沖縄出身。カナダと日本で牡蠣養殖を成功させた人物)
母:つる(沖縄出身。大宜味尋常小学校校長、親泊朝擢の娘)
兄:宮城昌康(競馬評論家)
姉:尚道子(たこさんウィンナーの考案者として有名な料理研究家)

夫:岸秋正(陸軍士官学校出身の職業軍人)

次男:俊行


■父親は宮城新昌(みやぎ・しんしょう)。沖縄県国頭郡大宜味村(くにがみぐん おおぎみそん)の出身で、日米でカキの養殖法の開発と普及に貢献し「日本の牡蛎王」の異名をとった人物

■親のつるは大宜味尋常小学校校長で教育者だった親泊朝擢(おやどまり ちょうたく)の娘で、琉球王国第二尚氏3代尚真王の長男(廃嫡)・尚維衡(しょう いこう、浦添王子朝満)の後裔にあたる

■2015年9月22日に心不全のため、91歳で死去


トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


岸朝子(きし・あさこ)略歴・経歴(プロフィール)
【1923年~2015年】料理記者、食生活ジャーナリスト。東京都出身。永田町小学校(現麹町小学校)、府立第三高女(現・東京都立駒場高等学校)を経て、1942年、女子栄養学園(現・女子栄養大学)卒業。東大農学部勤務後、21歳で軍人と見合い結婚し、1947年から夫婦で、千葉県でカキの養殖業を手がける。その後、4人の子どもを育てながら料理記者としてスタートを切る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる