加島屋久右衛門

加島屋久右衛門(加島屋創業家)


■加島屋は、鴻池(こうのいけ)屋と並び、江戸時代に経済の中心であった大坂を代表する大商人であった

■加島屋久右衛門は、鴻池と並ぶ旧家で村上源氏の一派、赤松(あかまつ)家の末流で広岡姓を名乗っていた(出典:『日本の三大商人』著者:邦光史郎)

■江戸時代初期の寛永2年(1625)頃、大坂の御堂前で精米業をはじめ、さらに発展して両替商を営み、加島屋久右衛門と称した

■明治維新の折、8代目当主が死去したため、広岡久右衛門正秋が第9代の当主となって後を継いだ

■9代当主広岡久右衛門正秋は加島屋を基に加島銀行を創立し、初代頭取に就任。その他大同生命初代社長に就任するなど、金融グループである広岡財閥の礎を築いた

■10代当主には広岡久右衛門正直が就任。茨木カンツリー倶楽部の創立メンバーの1人でもあり、日本ゴルフ協会の理事を務めるなど、日本ゴルフ界に多大な貢献があったとして、「日本ゴルフ100年顕彰」の1人に選ばれる。1978年(昭和53年)に死去


略歴・経歴(プロフィール)
■10代目広岡久右衛門正直
【1890年~1978年】江戸時代、三井家、鴻池家と共に隆盛を誇った大阪の両替商の加島屋の流れを汲む、明治、大正時代の金融グループである広岡財閥の当主。茨木カンツリー倶楽部の創立メンバーの1人でもあり、日本ゴルフ協会の理事を務めるなど、日本ゴルフ界に多大な貢献があったとして、「日本ゴルフ100年顕彰」の1人に選ばれる
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる