耒條真由美 家族

耒條真由美(らいじょう・まゆみ)家族・子供


姉がいる

※姉と同居していた


■耒條真由美(らいじょう・まゆみ)

■職業:会社員

■年齢27歳

■自宅:兵庫県姫路市城見台3に在住した

■2015年9月21日午後5時過ぎ、兵庫県姫路市花田町にある工場脇の側溝で、耒條真由美さんが全裸の状態で発見された

■家族が9月21日午後、行方不明届けを出していたという。家族によると、耒條さんはここ数日、情緒が不安定だったという

■耒條さんの遺体は、発見された時にすでに死後硬直が始まっていて、死後数時間ほど経過していたとみられている

■一方で遺体には、腹部などにすり傷があるものの、刺し傷など致命傷となるような外傷はないという

■また、遺体発見現場から数十メートル離れた場所にはサンダルがそろった状態で置かれていて、さらに百数十メートル先には黒の長ズボンのジャージ、その先には黒のTシャツや女性ものの下着などが転々と置かれていたという。一方で、所持品は見つかっていないという。警察は、事件の可能性も含めて捜査している






姫路市(ひめじし)は、近畿地方の西部、兵庫県南西部(播磨地方)に位置する市。旧飾磨郡・神崎郡・揖保郡・印南郡・宍粟郡(1889年の市制当時の区域は旧飾磨郡)。中核市に指定されており、周辺自治体を含めて約74万人の姫路都市圏を形成している。中播磨県民センターの管轄。奈良時代、播磨国の国府が置かれた。本町遺跡が国衙跡であると推定されている。江戸時代には、「西国将軍」「姫路宰相」と呼ばれた池田輝政によって姫路藩が成立し、姫路はその城下町として整備された。現在の市街地にも城下町の町割りが残る。明治維新における廃藩置県の時期には、飾磨県の県庁所在地となった。しかし、1876年8月に飾磨県が兵庫県に編入されて以降は、兵庫県に属している。姫路城の位置する姫山の古名「日女路(ひめじ)の丘」に由来するといわれる。この地名は古くはカイコの事をヒメコ(蚕子)と呼んでいたことから、かつてこの地が養蚕業の盛んな地域であった事に因んで付けられたと思われる。『播磨国風土記』にも、「日女道丘(ひめじおか)」の地名が登場する
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる