島津斉彬 子孫

島津斉彬(薩摩藩11代藩主)家系図・家族・子孫



父親:島津斉興(薩摩藩10代藩主。島津氏第27代当主)
母親:弥姫(池田治道の娘)

兄弟
・池田斉敏(備前国岡山藩の第7代藩主。岡山藩池田家宗家9代)
・島津久光(公武合体運動を推進した。明治政府の内閣顧問)


正室:恒姫(徳川斉敦の娘)
側室:酒井忠藎の娘
側室:田宮安知の娘
側室:伊集院須磨

子供
・菊三郎
・寛之助
・篤之助
・哲丸
・澄姫
・邦姫
・暐姫
・典姫
・寧姫

養子
・忠義(薩摩藩の第12代(最後)の藩主で、島津氏第29代当主)
・篤姫(島津本家の養女。江戸幕府第13代将軍徳川家定御台所となった)
・貞姫(島津久長の娘)


トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
島津斉彬語録http://bit.ly/LL8YHo


島津斉彬(しまづ・なりあきら)略歴
【1809年~1858年】江戸時代後期から幕末の外様大名で、薩摩藩の第11代藩主。西洋事情に明るく進取の気性に富み、大規模な藩政改革を実施。集成館を興し、反射炉、ガラス工場、洋式紡績所などを設置。西洋式軍艦・昇平丸を幕府に献上した。将軍後継問題では一橋派に属し、井伊直弼と対立。享年50

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる