浜口雄幸 子孫

浜口雄幸(内閣総理大臣)家系図・家族・子孫



父:水口胤平(土佐国長岡郡五台山(現・高知市)で林業を営んだ
妻:夏子(高知県安芸郡田野村(現・田野町)の浜口義立の長女)

子供
長男:雄彦(東京銀行頭取、国際電電 (KDD) 会長を歴任)
二男:巌根(長期信用銀行会長を歴任)
二女:悌(外交官北田正元に嫁する)
三女:富士(官僚、政治家大橋武夫に嫁する)


淑(皇后美智子の兄正田巌の夫人となる)
英子(鳩山一郎首相の女婿で日本輸出入銀行総裁古沢潤一の長男義文の夫人)


■1870年 土佐国長岡郡五台山(現・高知市)の林業を営む水口胤平の3人兄弟の末子として生まれる

■1889年、高知県安芸郡田野村(現・田野町)の浜口義立の長女夏子と結婚し、浜口家の養嗣子となる


トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
浜口雄幸語録http://bit.ly/z8akWV


浜口雄幸(はまぐち・おさち)略歴
【1870年~1931年】内閣総理大臣(第27代)。土佐国長岡郡五台山(現高知市)出身。東京帝国大学卒、同年大蔵省入省(現・財務省)。1914年、大蔵次官。立憲同志会に参加し、1915年に衆議院議員に初当選し、以後6回当選。大蔵(現・財務)大臣(第29・30代)、内務大臣(第43代)、内閣総理大臣(第27代)などを歴任した。61歳で没
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる