西村貞朗 家族

西村貞朗(投手)家系図・家族・子供


父:
母:
妻:
子供:


■1953年 香川・琴平高から西鉄(現西武)に入団

■同期入団に豊田泰光、高倉照幸、河村久文がいる

■1956年には21勝7敗で稲尾和久投手(故人)とともに、初の日本一の原動力となった

■1958年 東映(現日本ハム)戦でプロ野球史上5人目の完全試合を達成

■2015年8月3日、肝臓がんのため80歳で死去


関連サイト
トップページhttp://nihonnokakeizu.net/
人物別名言集http://meigennooukoku.net/


西村貞朗(にしむら・さだあき)略歴・経歴(プロフィール」
【1934年~2015年】プロ野球選手(投手)、野球解説者、実業家。身長178cm。香川県仲多度郡琴平町出身。1953年に琴平高校から西鉄ライオンズに入団。2年目に22勝5敗で西鉄初のパ・リーグ制覇に貢献し、最高勝率のタイトルを獲得。1956年には21勝7敗で稲尾和久投手(故人)とともに、初の日本一の原動力となった。プロでの通算成績は82勝47敗、防御率2.44
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:日本の家系図
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる